閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年3月16日 リマ 辻本崇史

ペルー、Galeno銅鉱床探鉱(Northern Peru Copper社)の鉱量評価状況

 地元業界紙等(3月9日付)によると、Northern Peru Copper社(カナダ)社長は、同社がペルー北部で実施中のGaleno銅鉱床(Cajamarca県)探鉱による、鉱量評価状況等について言及した。
 これによると、これまでに実施した99本(約3.2万m)のボーリングにより、鉱量(indicated)504百万t(銅0.54%、金0.12g/t、モリブデン0.015%)、この内、高品位部分の鉱量は148百万t(銅0.78%、金0.16g/t、モリブデン0.019%)を把握した。
 同社長は、鉱床中央部の浅部で把握した高品位鉱体は、操業初期段階のスターターピットとして経済性を高める要因となり、開発に向け、これまでの探査は成功と評価した。また、同社長は、現在、本プロジェクトへの参画に関心を示す数社と守秘義務契約を締結し、詳細データを開示しているが、さらに探査が進展する2006年末までには、これらの会社の中で当社と何らかの合意に達する会社が出現する可能性が高いとの見解を示した。

ページトップへ