閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年3月17日 シドニー 永井正博

Xstrata社、McArthur River鉱山拡張計画承認への最終調整

 地元紙等によると、Xstrata社(本社スイス)の亜鉛部門の最高責任者のSantiago Zaldumbide氏は、ダーウィンに行き、北部準州の鉱山大臣Kon Vatskalisと会見した。McArthur River鉱山の拡張計画の承認を働きかけた模様。鉱山大臣は、許可証を発するかどうかを20日の週までに最終決定しなければならない。
 McArthur River鉱山を露天掘(坑内掘りから)に変更するという将来計画の議論は激しさを増し、先行きは依然として不透明である。提案の66百万$の拡張はMcArthur川の切り替え工事を含み、環境擁護者やアボリジニの地域社会を怒らせている。Xstrata社は、もしこの提案が承認されなければMcArthur River鉱山を閉山するとしている。
 2006年2月、北部準州の環境大臣Marion Scrygmourはこの申請を環境的な理由で是認しなかった。

ページトップへ