閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年3月17日 シドニー 久保田博志

オーストラリア、加速する企業買収・合併

 大手国際会計事務所Ernest & Young社は、3月、オーストラリア国内の企業合併と買収(以下M&A)に関する報告書を発表した。
 報告書は、資源ブームのオーストラリア資源関係企業のM&Aは2004年には70%増加、2005年には更に70%増加し、M&A金額も2005年は飛躍的に上昇し、平均479百万A$で対2004年の296%増、他産業の60百万A$を大きく上回る結果となった。
 Ernest & Young社は、このM&Aの増加は、高値を続ける鉱物資源価格と成長市場である中国・インドに近いオーストラリアの地理的条件を上げている。また、同社は、M&Aは大手資源会社の現金によるもののほか、中堅鉱山会社の証券発行などによるものもあり、2006年は中堅鉱山会社による探査ジュニア企業に対するM&Aが増加すると予測している。

ページトップへ