閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年3月20日 メキシコ 権藤 浩

ゴールドコープ社、メキシコ・サンマルティン金銀鉱山を26百万US$で売却

 バンクーバーに本社を置くスターコア(Starcore International Ventures)社HP(3月16日付)等によると、同社は、ゴールドコープ(Goldcorp)の子会社Luismin社が保有するサン・マルティン(San Martin)金銀坑内掘鉱山を、26百万US$で買収する合意書に署名したと発表した。
 サン・マルティン鉱山(鉱区面積130km2)は、メキシコ・ケレタロ市東約50kmに位置し、サン・マルティン及びサン・ホセ(San Jose)の2坑内掘鉱山で、1993年からLuismin社が生産開始し、2005年には金907kg、銀9.9tを生産した。
 合意内容によると、スターコア社はLuismin社に対して、サン・マルティン鉱山権益及び同鉱山全施設の取得のため、24百万US$の現金支払と2百万US$相当の自社株売却を行う。
 一方、バンクーバーに本社を置くホイートン(Silver Wheaton)社HP(3月16日付)によると、同社は、Luismin社が保有する3鉱山(サン・マルティン鉱山を含む)が生産する銀の100%を購入してきた。今回のスターコア社とLuismin社との合意では、スターコア社はLuismin社に代わりホイートン社への銀販売を継承するため、ホイートン社にとって銀の購入には影響ないとする。なお、ホイートン社は、サン・マルティン鉱山からの銀購入による収益が年間収益の3%に当るという。

ページトップへ