閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2006年3月27日 メキシコ 権藤 浩

Constellation社(米)、メキシコ・テラサス銅・亜鉛プロジェクトのFS終了は2006年7月頃

 業界情報(3月20日付)等によると、米国デンバーに本社を置くコンステレーション(Constellation Copper)社は、メキシコのテラサス(Terrazas)銅・亜鉛露天掘プロジェクトの最終FSの終了が2006年第3四半期初頭になると報じた。
 同プロジェクトは、メキシコ・チワワ州チワワ市真北35kmに位置し、同市にとって重要な地下水源供給地であるテラサス町の郊外山腹にある。
 同社グレゴリー・ハーン(Gregory Hahn)CEOによると、当初、FSは2005年末に終了予定であったが、新たに大規模な亜鉛鉱脈の発見により、追加で設計と選鉱試験が必要となり、終了時期が延びたという。
 現時点のFSによると、同プロジェクトは、マインライフ13~15年、採掘鉱量6百万t/年、銅カソード18千t/年及び亜鉛インゴット68千t/年の生産目標である。カラム・リーチング試験結果では、回収率は銅70%、亜鉛94%を達成した。
 なお、2005年10月時点の評価では、平均品位が亜鉛1.24%(金属換算量1.1百万t)、銅0.32%(同0.3百万t)、確定埋蔵鉱量85.6百万tで、更に推定資源量を加味していた。

ページトップへ