閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年3月28日 リマ 西川信康

ペルー・Michiquillay銅開発プロジェクトの入札は2006年10月になる見通し

 投資促進庁の鉱業担当者より直接聴取した情報によると、2006年の大型入札案件として注目されているMichiquillay銅開発プロジェクトの入札公示は7月下旬、入札は10月になる見通しであることを明らかにした。但し、これは、4月下旬に開催予定の地元住民に対する公聴会で地元の最終合意が得られることが前提であり、本日程は流動的であることも付け加えた。
 Michiquillay銅開発プロジェクトは、過去、Asarco社(1959年~1965年)及びJICA/MMAJ及び日本企業(1972年~1976年)による探鉱で、延べ159本のボーリング(総掘削長41,600m)、探鉱坑道2,500mが実施されており、その結果、鉱量は5.44億t、平均銅品位0.69%、金品位0.1~0.5g/tで、F/Sでは、4万t/日の露天掘り鉱山を想定している。

ページトップへ