閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年3月30日 シドニー 久保田博志

豪州・国際会計基準導入で金ヘッジ利益が消滅か

 オーストラリアにおける国際会計基準(International Financial Reporting Standards:IFRS)の導入に伴い、金ヘッジに関する会計規則が変更されることにより、金生産企業の中にはデリバティブなどを含む取引を時価で記帳することなどを盛り込んだ新しい会計規則に適合しないために、損益が発生する企業が現れている。その総額は約100百万A$とも言われている。
 オーストラリア及び欧州各国は2005年1月より国際会計基準(IFRS)を導入、ニュージーランドや南アフリカも2年以内に同基準を採用する予定だが、米国、アジア諸国は同基準を採用していない。

ページトップへ