閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年3月31日 北京 納 篤

中国・銅陵有色金属集団、電気銅、銅加工材の生産能力を引き上げ

 安泰科及び関係者によれば、銅陵有色金属集団は、世界の銅企業の中で10位以内に入る目標を達成させるために、2009年までに電気銅の生産量を70万t/年以上に引き上げ、2010年には銅加工材の生産能力を30万t/年以上に引き上げる計画を進めているとし、また販売収入は300億元以上、税込み利益は30億元以上を達成させる計画としている。
 銅陵有色金属集団の傘下の銅製錬企業は、2005年に続々と生産拡張プロジェクトを完成させたため、銅陵有色金属集団の主要銅製品である電気銅の生産量は、大幅に増加し、2005年は前年を20.7%上回る、約44.8万tであった。電気銅の生産量は、江西銅業集団と熾烈な第1位争いとなっている。ちなみに2003年及び2004年は江西銅業集団が国内第1位の座を占めていたが、2005年は2001年及び2002年同様銅陵有色金属集団がその座を奪還した。

ページトップへ