閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年4月3日 メキシコ 権藤 浩

メキシコ、グアナファト金銀鉱山の選鉱プラント拡張の現場試験開始

 バンクーバーに本社を置くグレート・パンサー(Great Panther Resources)社HP(3月29日)等によると、同社は、メキシコのグアナファト(Guanajuato)金銀鉱山の選鉱プラントを拡張(能力250t/日から1,200t/日へ)する現場試験を開始したと発表した。
 同社によると、今後3~4週間内に、粗鉱粉砕機、ミル及び浮遊選鉱設備について試験を開始する。ミルは、2006年末までに1機当り400t/日の粗鉱処理能力を持つミル3機を順次設置する計画とし、さらに、浮遊選鉱システム最適化試験も実施する。これにより溶鉱を行い、金銀ドーレ棒を製造する。
 同鉱山は、メキシコ・グアナファト州都グアナファト市郊外のグアナファト鉱床帯に位置しており、同社は、1991年から約250t/日粗鉱処理能力で操業しているが、資金難により2005年生産量は約20%減であった。同社は、同鉱山近隣の小規模鉱区主との間で、7.25百万US$で鉱区100%権益の買収契約書に署名済で、現在所有する総鉱区面積は11km2である。

ページトップへ