閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年4月3日 ジャカルタ 池田 肇

インドネシア・PTインコ、社債発行による資金調達を検討

 地元紙等によればインコ社(加)のインドネシア法人、PT Inco社は3月29日、2006年計画している生産能力増強計画で社債を発行して資金調達を行なう計画を明らかにした。
 世界的なニッケル需要の増加に対応してSoroako鉱山でニッケル生産を増強するため3番目のダムを建設するためである。ダム建設は、インドネシア政府の認可待ちである。ダム建設費は2億5,000万US$で、2009年完成予定にしている。このダムが完成するとニッケル・マットの生産が2006年の1億6,700万lbから2億lbに増加する見込みである。
 同社は2006年の資本支出計画を1億5,100万US$としており、2005年の1億600万US$に比べ42%増加させる方針である。2006年の資本投資は内部資金で十分にまかなえるが、社債を発行して資金調達する可能性も合わせて検討中だと述べている。
 同社は2006年の世界ニッケル需要が前年比3~4%増加すると予想している。これは世界ステンレス生産が同6~7%増加すると予想されるからだと説明している。

ページトップへ