閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タングステン レアメタル
2006年4月4日 アルマティ 酒田 剛

Glencore社、ロシアのタングステン生産者の買収に向け地方政府と協議

 地元業界紙等によれば、Glencore International社(スイス)はロシアのタングステン生産者Tyrnyauzsky GOK(カバルダ・バルカル共和国)の買収に関して同共和国政府との間で協議を開始した。具体的な方法や価格は明らかにされていないものの、アナリストは同GOKの取得金額を5~10百万US$以内、再建には110~120百万US$程度の投資が必要との見方をしている。買収が実現するか否かは2週間以内に決定される見通しと伝えられるが、Glencore社は公式コメントを出していない。ロシア最大のTyrnyauzskoyeタングステン・モリブデン鉱床(ロシアのタングステン埋蔵量の40%を占める)を稼行するTyrnyauzsky GOKは、1990年代にタングステン精鉱を年間ほぼ10千t生産していたが、財政悪化から2001年10月には操業停止に追い込まれ、2001年の実績は約1.5千tであった。カバルダ・バルカル共和国政府は、2005年までに同GOKのすべての株式を取得している。2005年にはBazovy Element(Rusal社の持株会社)が買収を検討していたが、経済合理性がないとして諦めていた経緯もある。

ページトップへ