閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年4月6日 シドニー 永井正博

豪州・BHP Billiton、Olympic Dam鉱山拡張計画

 BHP BillitonのOlympic Dam銅・ウラン鉱山の拡張工事は2009年早々に開始される計画である。同社は、現在、50億US$に上る拡張工事のプレFSを実施中で2007年中には終了させる予定。また、連邦政府と州政府に対して拡張計画の承認を求めるロビー活動を2007年初めに開始する予定で、それまでに、環境影響調査の最初のドラフトを完成させる意向である。
 BHP Billitonは、将来的には露天掘を計画しており、2013年までに銅生産を現在の230千t/年から500千t/年へ、ウラン生産を4,500t/年から15,000t/年へ増加させることを目論んでいる。

ページトップへ