閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年4月6日 アルマティ 酒田 剛

キルギス・Taldy-Bulak金鉱床をカザフ企業、Kyrgyzaltynと共同で開発

 地元業界紙等によれば、カザフスタンのSamer Gold社はキルギスでKyrgyzaltyn公社と共にTaldy-Bulak Levoberezhny金鉱床の開発を行う。同公社のMaksat Dzhanaliev副総裁が3月14日に明らかにしたもので、両者はキルギス政府が承認した協定書に3月10日調印した。Samer社は、政令に基づき、同鉱床の開発資金15百万US$を特別口座に早急に振り込む必要がある。地質・鉱物資源庁のVladimir Zubkov長官は、開発ライセンスを所有しているKyrgyzaltynがSamer社との間で合弁企業を設立したなら、ライセンスは当該JV企業に譲渡されるだろうと発言した。ライセンスは以前、KyrgyzaltynがCentral Asia Gold社(豪)との間で設立したJV企業Taldy Bulak Gold Mining社が所有していたが、キルギス側は豪州企業のパフォーマンスが悪いとしてJVを解消した経緯があり、Central Asia社が出資した費用の補償問題は未解決である。Taldy-Bulak鉱床の埋蔵金量は75tでAu品位7.9g/tとされる。

ページトップへ