閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年4月11日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・Andacollo鉱山拡張計画をAur Resources社(加)が発表

カナダの鉱山会社Aur Resources社のAndres Verdugo南アメリカ業務担当副社長は4月5日に行われた地元紙のインタビューで、同社が保有するAndacollo銅鉱山の拡張を2006年6月末までに決定することを明らかにした。この拡張により、年間生産量を昨年の約4倍の80,000tに増加させる。50,000t/dの処理能力を有する選鉱設備の建設や選鉱廃さい貯蔵施設の建設を含むキャピタルコストは310~350百万$で、現在、露天掘り採掘を行っている二次鉱化帯の下にある一次硫化鉱を採掘することにより、マインライフは20年に延長される。 Andacollo銅鉱山の権益は、Aur Resources社:63%、CAP社:27%、ENAMI:10%で、2005年は22,000tの銅を生産した。
(CAP:Cia de Aceros del Pacifico SA)

ページトップへ