閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年4月12日 リマ 西川信康

Antofagasta社(チリ)、ペルーでの探鉱プロジェクトから撤退の意向

 業界紙等によると、チリのAntofagasta社は、同社がブラジルのCVRD社と合弁で設立し、ペルー各地(クスコ県のAlicia地区、アプリマック県のAntillas地区、Promesa地区、Tambillos地区)で金探鉱プロジェクトを実施しているCordillera Minas社の保有株の売却を検討していることを明らかにした。
 同社アワード社長によれば、売却検討の理由は探査によって明らかになった資源量がAntofagasta社やCVRD社の求める規模に達せず小中規模のものであるためであると説明している。

ページトップへ