閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年4月17日 リマ 西川信康

ペルー・Yanacocha金鉱山で労働者によるデモ発生

 業界紙等によると、4月14日に、ペルー北部カハマルカ県のYanacocha金鉱山で、労働条件の改善を求める抗議デモが発生した。現在(16日)も、労働者63人によってデモが継続されており、デモ隊によって封鎖された道路を開放しようとした警察側との衝突により労働者2人が逮捕された。労働者組合代表のギジェルモ・メナ氏はこの衝突は警察側の挑発によって起こったものだとし、今後も抗議デモを継続するほか、数日中にリマへのデモ行進を行い、カハマルカ代表の国会議員に仲介を求めると主張している。現在、Cajamarca-Bambamarca間の道路は封鎖され、Yanacocha金鉱山関係者やトラックの出入りはデモ隊によって阻止されているが、一般の車両や長距離バスなどは通行可能となっている。このデモによる同金鉱山の生産への影響は今のところ不明。
 同金鉱山はNewmont 51.4%、Buenaventura 43.6%、IFC 5%が保有し、2004年の生産量は93.85tで世界最大の金山と言われている。

ページトップへ