閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年4月17日 ジャカルタ 池田 肇

Newmont、インドネシア・Martabe金プロジェクトを売却へ

 地元紙等によればNewmont Mining社は4月6日、スマトラ島で2002年にNormandy社から買収したMartabe金鉱プロジェクトは埋蔵量が少なく、同社にとっては経済性が悪いため売却する方針と明らかにした。Martabe金プロジェクトは、Newmont、PT Austindo Nusantara Jaya(PTANJ)が権益90%、10%を保有し、その合弁会社PT Newmont Horas Nauliが探鉱を実施していたが、Newmontが撤退を表明したもの。現在、Newmontはインドネシア政府と協力して売却先を探しているが、国営鉱山企業PT Antamが有力視されている。PT AntamはPTANJの親会社であるPT Austindoとジャワ島Banten県でCibaliung金鉱プロジェクトを実施中で、本件売却が実行されれば、両者の関係はさらに密接になると予想される。
 Newmontは現在、インドネシアでアジア第2位の銅鉱山とされるSumbawa島にあるBatu Hijau鉱山を経営しているほか、鉱害問題を抱えたSulawesi島のBuyat Bay鉱山を保有している。

ページトップへ