閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年4月19日 バンクーバー 宮武修一

Inco社、Sudbury労働組合との協議に注力

 地元紙等によれば4月18日、Inco社とSudbury鉱山操業に係る組合労働者との労働協約の更改を巡る現在の状況について報じた。現行労働協約は5月31日に失効するが、経営側とユナイテッド・スティール・ワーカーズ組合間で、この有効期限内に3年間の新たな協約を締結するよう目指すという経営側の当初提案が相互で確認されているという。現在連日に及ぶ労使交渉が行われている最中。
 前回交渉では、主に健康保険に関係する争点により労使交渉が決裂、3,000人規模のストライキが13週間にわたって生じており、とりわけ経営側にとって、これを繰り返したくはないところ。
 なお、Inco社が獲得に動くFalconbridge社であるが、こちら側の労使協議は2006年末に控えている。

ページトップへ