閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2006年4月20日 ロンドン 嘉村 潤

トルコ・Çaldagニッケルプロジェクト、European Nickel社が経済性向上を発表

European Nickel社(英)は、4月18日、2005年11月に完了していた同社のトルコÇaldagニッケルプロジェクトの銀行融資可能なFSについて、詳細見直しの結果、経済性が向上したと発表した。これは、最近の試験操業経験に基づくプロセスの見直し、ニッケル精鉱の購入者との議論を踏まえた生産物のポテンシャルの修正、国際的な鉱業コンサルタントSnowden社による鉱物資源量、埋蔵量評価の見直しによるもので、生産量をニッケル年産20,400t、コバルト年産1,200tとし、資本コストを14百万US$削減して254百万US$としたものである。長期の金属価格は前回と同様に、ニッケル価格$4.25/lb(現状$7.80/lb)、コバルト価格$10/lb(現状$15/lb)を前提とした結果、IRRは23.5%から31.6%、NPVは136百万US$から175百万US$(割引率10%)に改善している。今回の改訂FSでは、鉱石年間生産を250万t、ニッケル平均品位1.13%、コバルト平均品位0.07%で採掘可能埋蔵量は33.5百万t、ヒープリーチングのサイクルは20か月で金属回収率を72%としている。今後、同プロジェクトは、ファイナンスが可能となるという条件で、2006年後期に建設開始、12か月のプラント建設期間の後、2007年後期に生産開始を予定している。

ページトップへ