閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年4月23日 メキシコ 権藤 浩

ホイートン社(カナダ)、2006年第1四半期の純益13.8百万US$を記録

 バンクーバーに本社を置くシルバー・ホイートン(Silver Wheaton: SW)社HP(4月19日付)等によると、同社は、2006年第1四半期の純益が13.8百万US$(前年同期比165%増)を記録し、キャッシュフローは13.9百万US$で、前年同期5.2百万US$から2.7倍増と創業以来の記録達成と発表した。
 同社エドゥアルド・ルナ(Eduardo Luna)CEOによると、増収の主な要因は銀の市況価格の高騰・高水準化とする。
 SW社は、2005年第4四半期に、カナダのゴールドコープ(Goldcorp)社のメキシコ子会社ルイスミン(Luismin)社との間で、今後25年間累計で銀の購入量を総量2,825tから総量6,237t(2.2倍)へ増量する売買契約を結んだ。また、2006年第1四半期に、スイスのグレンコア(Glencore International)社との間で、ペルーのヤウリヤク(Yauliyacu)鉱山から今後20年間にわたり毎年135t/年の銀を購入する売買契約を結んだ。
 なお、SW社は、2006年に銀売却量425t、その後毎年段階的に増加し、2009年からは銀売却量570t/年を計画している。

ページトップへ