閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年4月25日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・Collahuasi鉱山の選鉱設備が回復する

 4月20日付け地元新聞紙等によると、Anglo Americanは3月の最終週に電気系統の故障を起こしたCollahuasi鉱山最大のミルが回復したと発表した。修理に10日間を要しており、これにより2006年の銅生産量が8,000~10,000t減少する見込みである。

ページトップへ