閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年4月28日 シドニー 久保田博志

豪州・Newcrest社、2006年第1四半期報告

 Newcrest Mining Limited(本社メルボルン、以下Newcrest社)は、4月26日、2006年第1四半期報告を発表した。
 第1四半期の金生産量は367,790ozで前期の430,009ozを、銅生産は23,219tで同28,325tを下回った。
 各鉱山とも生産量は減少。Cadia Hill鉱山(ニューサウスウェルズ州)では雨の影響で露天採掘での高品位部へのアクセスが出来なかったこと、Ridgeway鉱山(ニューサウスウェルズ州)とTelfer鉱山では鉱石品位が低かったこと、Togurachi鉱山(インドネシア)は鉱山寿命が近づき品位が低下していることなどが原因となった。

ページトップへ