閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年5月6日 リマ 西川信康

ペルー・周辺住民との衝突によりPierina金鉱山の操業停止

 業界紙等によると、ペルー第2位のPierina金鉱山の周辺住民が同鉱山を操業するBarrick Gold社のキャンプ施設の占拠を企て、これを阻止しようとした警察部隊と衝突した結果、死者1名、負傷者6名が発生した。この衝突の原因は、地元住民らが同社代表らに対して、地元鉱山労働者の賃金の引き上げの要求を行ったが、これを拒否されたため起きたもので、この事件を受けて同社は、周辺地域の治安が当局によって回復されるまで操業を停止することを発表した。
 同金鉱山はYanacocha金鉱山に次ぐ同国第2位の金鉱山で、2005年に生産量は19.5t。なお、同鉱山は2009年の閉山が決定しており、閉山費用は、周辺地域の再緑地化も含めて7,000万$にのぼると言われている。

ページトップへ