閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年5月9日 ジャカルタ 池田 肇

フィリピン・Phelps Dodge社、Philex社に銅金探鉱を申し出

 地元紙等によれば、フィリピン・Philex Mining Corp.の経営執行役員Walter Brown会長は5月2日、Benguet州Ansaganにおける銅金鉱山開発に関し、Phelps Dodgeより合弁事業の実施提案を受けていることを明らかにした。同社が推進するButan鉱床の開発は、Ansagan銅金プロジェクトの結果次第といわれ、金品位5.6g/t、埋蔵量40万tと見積もられている。これら探鉱区は、Padcal銅鉱山に近接するため既存選鉱設備の利用が可能と述べている。Philex社は現在、Anglo American Philippines社と北Surigao州のBoyongan銅金プロジェクトを、また、同社子会社Philex Gold社もカナダ・FEC Resources社とBoyongan銅金プロジェクトから北7kmにあるLascogon鉱区においてカーリン型金鉱床の探査を実施しており、有力鉱山企業はフィリピン鉱山企業の中でPhilex社をベストパートナーと見ているようである。

ページトップへ