閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年5月15日 バンクーバー 宮武修一

Xstrata社、Falconbridge社株式公開買い付けに伴う違約金支払い期間が終了

 Falconbridge社獲得に関心が高いとされるスイス・Xstrata社が、Inco社TOBへの対抗ビッドを行うのではないかとの見方が広がっている。Xstrata社は2005年8月、在モントリオールのBroockfield Asset Management社を通じFalconbridge社発行株式の19.9%を一株当たり28C$で取得したが、この条件として、2006年5月15日までに残りの同社株式を買い取るオファーを行う場合、Broockfield社に対しおよそ20億C$の違約金を支払うことが課せられていた。この条件の失効に伴い、かねてよりマイナーシェアホルダーに留まるつもりはないとしていたXstrata社の足かせが無くなることになり、同社の今後の動向に注目が集まっている。5月12日終値でFalconbridge社株価は53.38C$であるところ、既にFalconbridge社株式の約20%を低廉に獲得している同社は、Inco社に比べより良い条件を提示できるとする見方がある。加えて、5月8日にTeck-Cominco社が提示した対Inco社のTOBは、Inco社がFalconbridge社の買収を断念することを前提としたもので、Xstrata社のビッドを後押しする新たな要素も加わっている。
 Xstrata社は、プレス向けには、引き続きレビュー中であると回答している。

ページトップへ