閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年5月15日 シドニー 永井正博

豪州・インドへのウラン輸出問題のその後

 地元紙等によるとJohn Howard首相は、豪州はインドにはウランを輸出できないという政策をただちに変更する計画はないことを再度確認した。先週、豪州政府高官が、米国-インドの原子力協定内容を分析し、インドへのウラン輸出の可能性を探るために、インド側カウンターパートと協議している。Howard首相は、米国、カナダへの訪問を控えて、ワシントン滞在中に米国からインドへのウラン輸出をするようにプレッシャーを受けることを予想しているとされている。

ページトップへ