閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年5月16日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・Los Pelambres鉱山、拡張工事により年産銅36万tの予測

 5月10日付け地元紙等によると、Los Pelambres鉱山の銅の平均年産量が182百万$をかけた拡張工事の完了により、2007年中から10年間、36万tになる見込みである。
 Minera Los Pelambres社CEO(最高経営責任者)Jorge Gomez氏は記者会見でLos Pelambres鉱山の2006年の生産量は品位の低下により2005年の322,800tから僅かに減少し319,000tになる見込みであるが、これ以降は拡張工事の進行に伴い、生産量が徐々に増加すると語った。Los Pelambres鉱山の拡張工事は最終フェーズが2007年第1四半期中に完了する予定であり、これにより選鉱場の処理能力が現在の128,000t/dから145,000t/dに増加する。また、この拡張工事により2005年0.21US$/lb上昇し0.747US$/lbとなったキャッシュコスト(モリブデンのクレジットを除く)を減少させる予定である。
 Los Pelambres鉱山の2006年のモリブデン生産量は2005年の8,700tから増加し、10,600tとなる見込みである。

ページトップへ