閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年5月23日 サンティアゴ 中山 健

チリ・Gaby鉱床開発のため石炭火力発電所建設へ

 5月17日付け地元紙等によると、ベルギーのSuez Energy社のチリ現地法人であるSuez Energy Andino社はGaby鉱床開発のために200MWの石炭火力発電所の建設を計画していると報道した。同社によると1か月以内に環境影響調査を提出し、承認されれば建設期間30か月を経て2009年後半から運転を開始することが出来る。投資額は2.5億$になる見込み。同社は、更にこれより2割大きいプラント建設についても検討中であるが、北部電力システムSINGへの供給が制限されており、Gabyだけに供給するのか、北部電力システムSINGにも供給するのかまだ決定されていない。CODELCO経営審議会は2006年1月Gaby鉱床開発を承認しており、2008年1月に操業が開始されることになっている。

ページトップへ