閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年5月23日 サンティアゴ 中山 健

チリ・Pasuca Lama金鉱山開発反対派、プロジェクトの中止を世界へ訴える

 5月18日付け地元紙等の情報によると、Barrick Gold社が開発を進めるPasuca Lamaプロジェクトの反対派グループがインターネットを通じてプロジェクトの中止を世界へ訴えている。Barrick Gold社はHuasco峡谷の地域住民に対し、環境保全のために60百万US$を投じる予定であると表明しているが、地域住民の一部は農業用水の水源である氷河とその地下水系が汚染されるとして、鉱山開発に強く反対している。
 Bachelet新大統領はこの問題に対し、環境法規は遵守されなければならないと述べるのみで、Pasuca Lamaプロジェクトに反対する意向は示していないが、大統領選挙戦で地域住民とより親密な関係を築き、住民の関心事に積極的に取り組くむことを公約している。
 反対派グループはインターネットによるレターを通じて「Barrick Gold社のPasuca Lamaプロジェクトによりチリの3つの氷河とその水系が危険にさらされている。プロジェクトの許可を取り消すようチリ政府に働きかけて欲しい」と世界に呼びかけており、世界的な反対運動に発展する可能性がある。

ページトップへ