閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年5月23日 シドニー 永井正博

ペルー・BHP Billiton、Tintaya鉱山をXstrataに売却

 BHP Billitonは、Tintaya鉱山の権益をXstrataに売却する合意に達したと発表した。売却対象は、Tintaya鉱山と周辺の未開発鉱区(Antapaccay、Corrocohuaico)。同鉱山の生産量は約12万t/年。売却金額は750百万US$。Xstrataは、2008年7月から2009年6月の間に銅価格があるレベルに達した場合、ならびに2020年までにAntapaccay鉱区またはCorrocohuaico鉱区が開発に至った場合追加金を支払う契約となっている。Xstrataは、南米を中心とした銅の生産体制を強化しつつあり、アルゼンチンでAlumbrera銅鉱山(シェア50%)を所有する他、ペルー南部でLas Bambas銅鉱山を開発中である。

ページトップへ