閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年5月23日 北京 納 篤

中国・輸入銅精鉱に含有される砒素などの有害元素に関する公告

 国家品質検査検疫総局HP等によると、同総局2006年第49号「輸入銅精鉱に含有される砒素などの有害元素に関する公告」により、輸入する銅精鉱中に含まれている砒素などの有害元素の含有量が高いと言う指摘に対し、含有量検査を厳しく実施するとしている。これは国家品質検査検疫総局、国家環境保護局、商務部が急増する銅の輸入精鉱に対する品質に関し、有害元素排除の管理体制を強化するものである。同公告には、中国人民の健康及び安全を維持し、環境保全、国家利益を保障するために、「中華人民共和国輸出入商品検査法」及びその実施条例等に基づき、2006年6月1日から輸入する銅精鉱の中に含まれている砒素等の有害元素の含有率を規制するとしている。規制値は、砒素の含有量は0.50%以下、鉛は6.0%以下、フッ素は0.10%以下、カドミウムは0.05%以下、水銀は0.01%以下までとし、本公告が発効する以前に既に契約を締結し中国に発送している銅精鉱に対しては、申告時に検査検疫機関に発送日時が証明できる書類を提出しなければならないとしている。

ページトップへ