閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年5月30日 リマ 西川信康

KGHM(ポーランド)、ペルーの鉱業分野に5億$の投資を予定

 業界紙等によると、Przemyslaw Marzec駐ペルーポーランド大使は、ポーランドの産銅企業であるKGHMが、ペルーの銅プロジェクトに対して5億$の投資を行う計画があることを明らかにした。同大使は、具体的なプロジェクト名は明言しなかったが、「数週間後に地質技術者らによって構成されるKGHMのミッションがペルーを訪問し、現地調査を行った後、2006年中に最終決定が行われる見込みだ。」と語った。
 これに関して、ペルーのサンチェス・エネルギー鉱山大臣はポーランドの鉱山企業は、特にF/Sステージや開発段階のプロジェクトに興味を示しているとし、Junin県のToromocho銅鉱山やPiura県のRio Blanco銅鉱山などへの訪問が既に投資促進庁に打診されていることを明らかにした。

ページトップへ