閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年6月5日 メキシコ 権藤 浩

メキシコ・パルマレホ金銀プロジェクト、2007年第4四半期に操業開始を計画

 ケベックに本社を置くパルマレホ(Palmarejo Silver and Gold)社HP(5月31日付)等によると、同社は、メキシコ・チワワ州のパルマレホ(Palmarejo)金銀プロジェクトの操業開始を2007年第4四半期に計画していると発表した。
 同プロジェクトは、メキシコ・チワワ市南西道路沿い420kmに位置し、鉱区面積121km2、石英脈鉱床で、鉱床中の金属鉱物別価値は銀が60~65%(残りは金)を占める。
 同社は、メキシコ環境天然資源省(Semarnat)に申請していた環境影響評価報告書の許可を5月31日に取得した。投資額は75百万C$である。これまでにFS評価をほぼ終了し、2百万tの鉱石処理で、マインライフ10年、産銀量340t/年、産金量3.1~3.4t/年の生産計画であり、今後、鉱石運搬や電力設備等のインフラ整備、カーボンリーチ製錬施設の建設に着手する。併せて、Guadalupe地区やLa Patria地区等の試錐探査も継続する。
 なお、2005年9月の資源評価結果では、平均品位が金1.6g/t及び銀218g/tの確定埋蔵鉱量4.4百万t、平均品位が金1.5g/t及び銀225g/tの確認埋蔵鉱量5.4百万t、平均品位が金1.4g/t及び銀196g/tの推定埋蔵鉱量10.6百万tである。

ページトップへ