閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年6月20日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・Los Pelambres鉱山、Mauro廃さいダムの建設費が15%上昇

 6月14日付け地元紙等によると、Antofagasta社は、Los Pelambres鉱山、Mauro廃さいダム建設費が予定していた534百万$から15%上昇するとの予測を発表した。コスト上昇の主な原因は、鉄鋼材及びエネルギーコストの上昇、エンジニアリングコストの上昇及びチリペソの高騰である。Mauro廃さいダムの建設はLos Pelambres鉱山の拡張計画の一環として実施され、2008年早期に完成する予定である。

ページトップへ