閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年6月20日 ジャカルタ 池田 肇

ラオス・Pan Australian社、Phu He金銀探鉱区で優勢な鉱化帯を捕捉

 Pan Australian社は6月14日、ラオスのPhu He金銀探鉱区において実施したボーリング調査において優勢な鉱化帯を捕捉したことを明らかにした。同探鉱区は、ラオス政府と同社が契約しているPhu Bia地域の北Phonsavanに隣接する。ボーリングPHR20孔において深度8mで最高金品位98.4g/t、同銀品位7.8g/tの鉱脈を捕捉した。PHR20はPHR002孔の南東250mに位置し、鉱化帯の連続性を確認するために実施されたものである。PHR002では地表から52~62mにおいて金品位14.6g/t、銀品位198g/tを確認しており、最高金品位は58.8g/t、同銀品位は824g/tであった。
 同社は、次段階のボーリング調査を10月に開始するとしている。

ページトップへ