閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年6月26日 ジャカルタ 池田 肇

インドネシア・Avocet Mining社、Mongondow地区内で金量50万ozを確認

 英系Avocet Mining社は、6月20日、インドネシア・北スラウェシ州Bakan県Osela地区で実施したボーリング調査により、金量50万ozを確認したと発表した。Osela地区は、Contract of Workに基づくMongondow鉱区内に位置し、同社が80%の権益を保有する。Avocet Mining社は、現在、インドネシア国内でNorth Lanut金鉱山(権益80%)を運営するほか、マレーシアにPenjom金鉱山(権益100%)とタジキスタンにZGC金鉱山(75%)を保有する。同社の金生産量は年間約10万oz程度である。

ページトップへ