閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2006年6月28日 シドニー 永井正博

豪州・Zinifex社、クイーンズランドのDugald River亜鉛鉱山を開発

 地元紙等によると、Zinifex社(本社メルボルン)は、クイーンズランドのDugald River亜鉛鉱山の開発を決定した。
 Dugald River亜鉛鉱山は、Century鉱山の200km南東に位置し、FSが2007年の第1四半期に行われる見込み。資源量は48百万tで、品位は、Zn 12.1%、Pb 2.1%、Ag 44g/t。鉱山開発は、Zinifex社の主力鉱山であるCentury鉱山が枯渇する2016年以降の精鉱不足に対処することになる。鉱石は、マンガン品位が高いが、アジアの主要な製錬所には適しているという。

ページトップへ