閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年7月3日 メキシコ 権藤 浩

メキシコ・Real de Catorce銀鉱区をノルマベック社(カナダ)が購入

 業界情報(6月26日付)等によると、カナダ・ケベックに本社を置くノルマベック(Normabec Mining Resources)社は、メキシコのカトルセ(Restauradora de Las Minas de Catorce)社との間で、レアル・デ・カトルセ(Real de Catorce)銀鉱区の15鉱業コンセッションについて、オプション契約書に署名したと報じた。
 同銀鉱区は、メキシコ・サンルイスポトシ州の歴史的な銀鉱山町として著名なReal de Catorce町に位置しており、ノルマベック社が取得した鉱区面積は30.51km2である。ノルマベック社Robert Ayotte社長によると、銀鉱床は有望な可能性が高く、探査用アクセス道路の整備も整っているという。
 オプション契約書によると、ノルマベック社はカトルセ社へ、3年間で1.25百万US$支払および50万株の譲渡を行い、更に商業生産へ移行した場合は20万US$を支払う。また、カトルセ社が保有するNSR3%を、最初5年間は0.25%当り25万US$で1.75%まで、残りをその後5年間で0.25%当り30万US$で買収できる。
 ノルマベック社は、7月上旬から探査を開始する計画である。

ページトップへ