閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2006年7月4日 サンティアゴ 中山 健

ブラジル・ラテライトニッケルプロジェクトで、Teck Cominco -International Nickel Ventures JVが鉱徴を捕捉

 6月26日付け地元紙等によると、International Nickel VenturesはブラジルGoias州でTeck Comincoと共同探鉱を実施しているSanta FeおよびIporaラテライトニッケルプロジェクトの5月以降のボーリング結果を公表した。5月末までに、両プロジェクトでステージ1において2,426孔、32,000mのボーリングを実施、2006年1月から開始されたステージ2ボーリングキャンペーンは現時点で60%が終了している。
 Santa Fe鉱区では5月末までに369孔、4,308mを実施。これまでの結果、11.4m間でニッケル1.84%、コバルト0.065%、鉄30.5%、3.6m間でニッケル2.83%、コバルト0.066%、鉄38.9%の鉱徴を捕捉した。一方Ipora鉱区では、計画の約50%にあたる178孔、3,080mが終了した。主な鉱徴は、17.9m間でニッケル1.88%、コバルト0.155%、鉄43.1%、2m間でニッケル2.04%、コバルト0.047%、鉄20.8%であった。

ページトップへ