閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年7月11日 バンクーバー 宮武修一

カナダ・Northgate社、Aurizon社の買収提案を撤回

 在バンクーバーのNorthgate Minerals社が提示していたカナダAurizon Mines社に対する敵対的買収提案につき、ブリティッシュコロンビア(BC)州裁判所はこれを差し止める判断を下した。これに伴いNorthgate社は買収提案を取り下げ、これまでに取得したAurizon社株式を返還する。
 Northgate社は、5月23日、ケベック北部にあるCasa Berardi鉱山の生産開始を約5か月後に控えるAurizon Mines社に対し株式交換による敵対的TOBを提示した。Northgate Minerals社提示の株式買い受け条件は、Arizon社株1株をNorthgate社株0.741株と交換するというもので、有効期限は7月7日。しかしAurizon社側は、提示条件は同社を過小評価とするものとして同社株主に対しこの提案を拒否するよう呼びかけると共に、BC州裁判所に対し、本TOBは両社が2005年10月19日に取り交わした1年間有効の守秘義務契約ならびに不買契約(スタンドスティル契約)に違反するものとして差し止め請求を行った。Northgate 社は買収提案の妥当性を裁判所に主張していたが、今回退けられたもの。Northgate社は、極めて落胆しているが、今後新たな長期的な価値を創造できる投資先を捜したい、と述べた。
 Aurizon社のCasa Berardi金プロジェクトは、Avitivi地域に位置する休止鉱山の再開発で、年間17万5,000oz(約5.4t)の生産を見込む。初期マインライフは約6年で、金含有量は120万oz(約37t)であるという。最近Aurizon社は開発資金として1億2,600万C$の調達を行った。
 Northgate社は産銅・産金の中堅企業でBC州のKemess South銅金鉱山を操業するほか、開発許可待ちのBC州Kemess Northプロジェクト、オンタリオ州の休止中Young-Davidson金鉱山の再開発プロジェクトを保有する。

ページトップへ