閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年7月11日 リマ 西川信康

ペルー・Quellaveco銅プロジェクト開発、Anglo Americanが見直しの意向

 業界紙等によると、Anglo Americanは、2000年に実施したQuellaveco銅プロジェクトのF/S結果を見直し、操業に向けて検討を進めていくことを明らかにした。直ちにプロジェクト推進チームを編成し、2年以内でF/S調査の見直しを完了させるという。
 本プロジェクトについては、同社は2000年にF/S調査を実施し、その結果、10億$の投資で年産20万t規模の鉱山になるとの結論を得ていたが、当時の銅価格の低迷と地元との水利権を巡る問題から、凍結されていた。同社スポークスマンによると、「銅価格が一時期の5倍に高騰した現在、我々生産者は、新規プロジェクトに積極的に取り組んでいく。水利権問題はまだ、解決されていないが、代替の水源を調査中である。」と語っている。

ページトップへ