閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年7月14日 シドニー 久保田博志

豪州・ASX、AMI社のRockland銅鉱床発見に慎重な対応

 Australian Mining Investments Limited(本社クィーンズランド州、以下AMI社)による高品位銅鉱床発見との発表後、同社の株価が急騰したため、オーストラリア証券取引所(ASX)がAMI社株取引を7営業日間にわたり停止した。
 ASXは、AMI社のRocklands銅プロジェクト(クィーンズランド州)の最新のボーリング結果が発表されるまで取引停止を続ける模様である。ASXは、ASXへの調査結果報告が妥当なものか否かを外部の地質技術者を指名して評価している。
 ASX社は、AMI社が6月29日に発表したRocklands銅鉱床の資源量評価は、ボーリング位置や断面図などがJORC(Joint Ore Reserves Committee)規程に適合していないとみており、鉱床発見に関する詳細情報が得られていないとして同社の株式の取引を停止している。
 AMI社による衝撃的な高品位塊状銅鉱床(資源量(inferred resources)59百万t、銅品位2.04%)発見との発表は、同社の株価を2か月前の29¢/株から10A$/株へと押上げている。一方、オーストラリア証券投資委員会(Australian Securities and Investment Commission:ASIC)も最近のAMI社社長の同社株オプション取引を調査するとともにその取引を停止させている。

ページトップへ