閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年7月18日 サンティアゴ 中山 健

チリ・Collahuasi鉱山SAGミル故障で1.6億US$の保険金請求へ

 7月11日付け地元紙等によると、Collahuasi鉱山は、SAGミル故障で1.6億US$の保険金請求をするだろうと報道した。Collahuasi鉱山最大の第3SAGミルは、2005年3月定期点検のため運転を停止したが、モーターの電気系統に欠陥が発見され、2005年4月に修理を行った。しかしながら、2006年4月に電気系統の故障で10日間の操業停止を余儀なくされ、応急的処置を施したが、この間約8,000~10,000t(銅量)の生産減となった。本格的修理が2006年末か2007年初めに予定されている。同社は損害保険会社MapfreおよびAIGの2社に対して部品代、修理費のみならず遺失売上代1.6億US$の保険金請求をするものと見られている。同鉱山の2005年銅生産量は、SAGミルの故障と鉱石品位の低下により、2004年の481千tから427千tに落ち込んだ。

ページトップへ