閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年7月20日 シドニー 永井正博

豪州・Perilya社、Broken Hill鉱山の生産好調

 7月19日、Perilya Ltd.(本社パース、以下Perilya社)は、第2四半期(4~6月期)の結果を公表した。それによると、Broken Hill鉱山では、金属量の合計で四半期としては、2003年以来最高の生産を記録した。鉛亜鉛合計の金属生産量は57,600t(対前期比6.5%増)で、亜鉛生産はコンスタントで鉛生産は19%増。これは、高品位の鉱柱を採掘できたことと追加ボーリングでの鉱量確保による。この結果、2005-06年度の結果としては、鉱石生産量で2.05百万t(2005年度1.88百万t)。金属生産量は218.9千t(13.3%増)、Zn 144.1千t(9.2%増)、Pb 74.8千t(22.4%増)、Ag 2,125千oz(15.1%増)となった。また、同鉱山の埋蔵量は11.7百万t、品位はZn 7.3%、Pb 4.8%、Ag 47.9g/tとなり、埋蔵量として12%増、鉛・亜鉛の金属量で18%増となった。

ページトップへ