閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年7月25日 バンクーバー 武富義和

バンクーバーのQuadra Mining社、オーストラリアのEquatorial Mining社を買収

 7月19日、バンクーバーの中堅銅鉱山会社Quadra Mining社は、オーストラリアのEquatorial Mining社を3.37億US$で買収することを公表。
 Quadra Mining社は、今回買収したEquatorial Mining社が39%の権益を保有するチリ第2州El Tosoro銅鉱山から約28キロ離れたSierra Gorda地域で探鉱を行っており、当該プロジェクトへの水供給と資金調達を期待。
 この買収により、Quadora Mining社は、銅の年間生産量は約50%の増産が見込まれる(トータル銅量9~10万t/年)。
Quadra Mining社の概要
 バンクーバーに本拠地を置く中堅クラスの銅鉱山開発操業会社。現在、米国ネバダ州Robinson鉱山(2005年の銅生産量5.7万t、金生産量2.5t)を保有。また、アリゾナ州のCarlotaプロジェクト(開発許可取得済み)、チリ第2州Sierra Gorda地域で銅の探鉱開発を推進中。
El Tesoro鉱山の概要 
 チリ第2州に位置する露天掘り鉱山であり、ヒープリーチングにより銅カソードを生産。2005年のカソード生産量は9.8万t、2006年の推定生産量は9.2万t。現在の計画では、採掘は2012年まで、その後ストックパイルの処理が2017年まで可能。

ページトップへ