閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
プラチナ レアメタル
2006年7月25日 ロンドン 高橋健一

南ア・南ア高等裁判所、地元住民からのAnplats社Ga-Phashaプラチナ・プロジェクトの開発中止の訴えを却下

 7月18日付け業界紙等によれば、Anglo Platinum社が南アフリカのブッシュフェルト・コンプレックスにおいて開発を進めているGa-Phashaプラチナ・プロジェクトについて、2006年5月に地元コミュニティが開発中止を訴えていた件に関し、南アフリカ高等裁判所がコミュニティの訴えを退ける判決を下したことを報じた。報道内容によれば、コミュニティからの訴えは、住民が同プロジェクトの開発により開発地域からの立ち退きを危惧したものによるものであった。これに対して、Anglo Platinum社は、鉱山開発には約60億ランドの投資が予定され、同地域に多大な経済的貢献をもたらすと主張していた。今回の判決はAnglo Platinum社の主張が認められた結果となった。また、報道では、判決後のAnglo Platinum社の追加コメントとして、鉱山開発により創出される雇用については同コミュニティに優先的に割り当てられること、また、住民の移転対策として、6億ランドの予算により、農場、水道、電気、学校などの生活基盤設備を備えた居住地区の建設を行うとし、今後、地元コミュニティと話し合う予定であるとしていると報じている。

ページトップへ