閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年7月27日 リマ 西川信康

ペルー・Southern Copper社、Ilo銅製錬所の拡張を検討

 業界紙等によると、Southern Copper社の2006年上半期の純利益は前年同期比41%増の8.6億$を記録したが、この好調な業績を背景に同社のOscar Gonzales社長は、現在、ペルー最大のIlo銅製錬所の生産能力を現在の年産28万tから36万tに拡張する計画であることを明らかにした(2005年の銅地金生産量は285,190t)。
 一方、同製錬所では、現在、約6億$を投じて環境適正プログラム(PAMA)に沿った近代化事業を進めており、すでにその計画の9割が完了しているという。
 また、同社は探鉱投資も意欲的に取り組んでおり、2006年の探鉱予算は43億6千万$で、中でも、Apurimac州のLos Chancas(8億$)、Arequipa州のTia Maria(10億$)を最重要プロジェクトと位置づけている。2011年には両鉱山から年間21万tの銅が生産される見込みであるとしている。

ページトップへ