閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2006年7月31日 リマ 西川信康

ペルー・Cajamarquilla亜鉛製錬所に1億$の投資を計画

 業界紙等によると、ペルー最大のCajamarquilla亜鉛製錬所を保有しているVotorantim社(ブラジル)は、今後、1億$を投じて亜鉛生産能力を現在の年産13万5千tから17万tに拡大することを明らかにするとともに、この拡張工事は2007年半ばに終了するとの見通しを示した。
 Votorantim社は、2004年にTeck Cominco及び丸紅から同製錬所を買収し、その後500万$を投じて生産能力を5千t増やして13万5千tとしていた(2005年の亜鉛生産量は122,424t)。
 また、同製錬所Antunes社長によれば、Votorantim社は、現在、ペルーの亜鉛企業Milpo社の最大株主(24%の株式を保有)であるが、長期的には、鉱山開発ビジネスにも進出することを目指しており、既にペルー国内で北部沿岸を含む複数の鉱区を取得していという。

ページトップへ