閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年8月7日 ロンドン 高橋健一

南ア・Northam Platinum社、2006年期決算を発表。増産、増益を記録

 南アフリカ第4位のプラチナ生産者であるNortham Platinum社は、8月3日、2006年期(2005年7月~2006年6月期)の決算を発表した。発表によれば、プラチナ生産量は前年比8.4%増の6,826kg、白金族全体(プラチナ、パラジウム、ロジウム、金)の生産量では前年比11.2%増の11,247kgの増産となり、プラチナ価格の上昇などの影響により、税引後利益で前年比183%増の703百万ランドを計上した。プラチナ以外の生産量の内訳は、パラジウム3,428kg(前年比12.2%増)、ロジウム762kg(前年比39.3%増)、金231kg(前年比7.4%増)と全ての鉱種において増産の結果となっている。また、決算上の価格上昇率(ランドベース)は白金族全体で前年比約38%増とされている。なお、翌期の生産見通しについては、Merenskyリーフにおける採掘条件の悪化が予想されるため、僅かな減産になるとの見込みとしている。

ページトップへ