閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年8月8日 バンクーバー 宮武修一

メキシコ・Penasquito金・銀鉱床、Glamis Gold社(米)が開発

 地元紙等によると、中堅産金企業である米国・ネバダ州のGlamis Gold社は、7月30日、地元紙に対するインタビューにおいて、メキシコ北東部、サカテカス州に位置するPenasquito金銀鉱床の建設着手を同社役員会において承認したと述べた。2006年6月の同社F/Sによれば、Penasquito鉱床が含有する金属量として、金量1,000万oz(312t)、銀量5億7,500万oz(1万7,900t)が見積もられている。今後、同社は2007年を目処に開発許可を取得、2009年後半に商業生産を開始したいとする。
 Penasquito金・銀プロジェクトは、過去、在バンクーバーのWestern Silver社が100%の権益を保有していたが、2006年5月にWestern社はGlamis社により総額12億C$の株式交換により合併買収され、Glamis社に権益が移っていたもの。Glamis社はネバダ州、メキシコ、グアテマラに操業鉱山を有し、2005年の総産金量は43万4,000ozである。2006年、2007年の産金目標はそれぞれ67万oz、70万oz以上である。

ページトップへ